白田石材店の特徴

創業100年を超える白田石材店

東京・浅草でお墓のお引越し・移転などを行う白田石材店の特徴や強みを紹介します。

東京・浅草で明治創業の老舗石屋

1897(明治30)年創業の白田石材店。東京・浅草で100年を超える歴史と実績を誇る老舗で、現在では4代目が店を切り盛り。浅草界隈を中心にした18もの寺院や墓所などと深いつながりをもっており、この1世紀を超える歴史に裏付けられる、強い信頼関係を築いています。「お墓ができてからが本当のおつきあい」というように、代々にわたり交流が深まっていくよう墓石つくりを大切にしています。

高い技術力をもった工房と工場

石材への文字彫刻は、職人による手彫りと機械吹き付け(機械彫り)の両方に対応しています。手彫りは自社1階の工房、機械吹き付けは茨城にある専用工場で行うことにより、墓石の大きさや文字彫刻の複雑さなどにもよりますが、四十九日に間に合うスピーディーな製作が可能です。使用する石も国産とインド産などを主体に品質にこだわり、目の行き届く製作環境が整っています。

「字が生きる」熟練職人による手彫りの美しさ

自社工房で行う手彫りは、40年を超える経験をもった熟練職人が担当。ノミ刃による完全手彫り作業にて行い、機械吹き付けの数倍もの時間と労力をかけて、丁寧に彫りこんでいきます。浅草界隈でも手彫りを行えるのは数えるほどの石屋のみ。お値段はやや張りますが、機械吹き付けでは表現しきれない力強さやしなやかさをもち、耐久性にも優れています。

寺院や墓所のご案内も可能

100年以上の歴史をもった白田石材店では、出入りの寺院や墓所なども数多くあります。一般的にお墓を建てるときやお墓の引越しなどを行う場合、寺院や墓所に直接連絡をとる方も多いのではないでしょうか。多くの寺院や墓地情報を抱えている当社にご相談いただければ、お客様のご要望や費用感に沿った、寺院や墓所を紹介することが可能です。

ページトップへ